2021.10.10Sun
非表示 15:16

早く帰ろうとすると電車止まったりする。アレなんなんだろうね〜
普段の行いが悪い?そうなのかもしれない。部屋もぐちゃぐちゃだし何もかも基本的には面倒。
でもちゃんとしていたら変なことは起こらないわけではないよね。だから今のままでいいんだと思う。ちゃんとしているのに何か酷いことが起こったら、今までのすべてのことが無駄に感じられるし、少しでも負のイレギュラーが起こると耐えられなくなるし許せないって感じちゃうだろうから。
だからこのままでいくしかないのよ。電車は動いたかなぁ?


この日誌は非表示数が閾値を超えています。 [内容を表示する]

この日誌は非表示数が閾値を超えています。 [内容を表示する]

非表示 00:34

テレビやら雑誌やらネットなんかで、「あ、なんかこんな人こういう人になりたいよなあ」と憧れを持つことが多々あります。

それは生き方だったり、物事の考え方だったり、話し方だったり、食事の摂り方や人との付き合い方でお手本としたいなあとか見習いたいなあという感覚で多岐にわたるのです。

以前とある芸能人の方の生き方に心酔してて、少しでもその人に近づけたらうれしいとばかりに、いろんな部分を真似してはひとりで喜んでた時期があります。

まあ当たり前のことなんですけれど、結局その人にはなれないことに気付き、自分は自分なんだよなあという着地点に落ち着きました。

それからは自分が本当にいいなあと思うものを身に着けたり、家の中で使ってみたりして満足することが当たり前になり、心地よく過ごせてます。

流行り物ではなくて、自分が着てみたいなあ楽そうだなあばっちり似合うに違いないという服を選び、間違いなく使い勝手がいいぞと思える製品を使う。

なんでも高けりゃいいってもんじゃない。

これが一番のルールで、足るを知るを大事にしようとも考えるようになったわけです。

個々人考え方は様々なので面倒くさいことは省きますが、なんでも納得した物、もしくは気分が上がるかどうかで判断するのもありでしょ、ということです。

カッコイイ大人になれればいいなと密かな野望を抱く大人のひとりでございます。

2021.10.09Sat
非表示 21:36

1 年 9 ヶ月ぶりに美術館に行った。企画展はやってなかったので、収蔵展をのんびり観てきた。いろいろ観て刺激を受けたのか、これから描く絵はこんな感じにしようかなというアイデアが浮かんだ。

その後、美術館近くの公園を散歩しながら写真を撮った。歩き疲れたので、帰りの電車に乗る前に、ガラガラのオフィスビルにあるスタバでソイラテを飲みながら休憩した。結構前に PC の体験モニターをした時に貰ったカードを初めて使った。

まだ浮かれてはいけないんだろうけど、少し視界が明るくなった気がした。


非表示 20:10

一生懸命頑張ってるつもりでも自分の驕りだったり、そう見えたり。加減が難しいと思うこの頃です。
大したことをしていないけど、大したことじゃないことが難しい。すべて隠せるわけじゃないけど、さらけ出すのも違うと思ったり。
ほんと加減が難しいのよ。生きるって


非表示 13:29

試験監査のバイト。
初めてだけど、抜き打ちなのね。
会場でビックリされてしまった。。

こちらも初めてで1人だし招かれざる客感を
ビシビシ感じるし気まずい。
でも、時給いいから私はやる!

メガネにスーツ。
インナーは就活生に見えないように
ダークなワイン色のボウタイサテンシャツで
こなれた感じを出す。
爽やかさより、重厚感がポイント。
監査だし。

イメージは相棒の大河内監察官。
瓶に入った薬(実はラムネ)をボリボリするのが
実に渋い。
相棒のミッチーとの関係性も好き。

いきなり踏み込んでくる部外者なので
追い返されることもあるらしいと聞いて
第一印象に権威を感じさせた方が話は早い。

人当たりは接客業で鍛えてるから
信頼さえさせれば飛び込めると踏んだ。

高時給で人気のバイトなのに私が応募してすぐ
採用されたのは、きっと年齢だろうな。
若い人よりアラフォーの図々しさが信頼に
つながるかと。

やること自体はシンプルだし、休憩時間に
いい感じの純喫茶を見つけて嬉しい。
副業バイトのランチにお金掛けたくないので
一番お安いイタリアンスパゲティを頼んだら
昔ながらのナポリタンでにんまり。
鉄板の上に乗った具だくさんなスパゲティは
甘くて懐かしくてとても美味しい!

今度時間があるときに近くを通ったらゆっくり
食べにきたいな。
提供されるカップも本格的だし、近所にあれば通うのに。

何年ぶりかでスーツ着て我ながら似合うと
自画絶賛。
後半の試験監査も無事に終わるといいな。

久しぶりに外で働けて嬉しい。


非表示 00:25

本日放送してた「今日から俺は」を見た。最後の三十分しか見れなかった。見た内に入らないかもしれないが残り三十分を見れてとても良かった。懐かしくなった。自分は不良ではなかったが時代の雰囲気を思い出して懐かしくなった。
最後に主題歌を聞いていると涙が出そうになった。
演じているのは平成生まれの子が多数なのに不思議な感じです。

2021.10.08Fri
非表示 14:21

緊急事態宣言が開けたので
車で一時間半かけて鞆の浦へ。
以前仙酔島に行く際にちらっと寄って
もう一度来たいと思っていた。

街全体が小さいけど古いままですごくいい感じ。
今回は観光名所も調べて密を避けて平日に
来たら、主だった観光地は全部土日だけだったよ…

せめて明日来りゃよかったなあ。
町並みをぶらっと散策してランチを食べ
山の上の絶景スポットを見て帰宅。

近いからまた来ます。
今度は土日に!


非表示 06:21

楽しかったことってなんだろう?と思い出そうとすると、ソレに纏わる嫌な思い出を先に思い出してしまう。
なんでかなぁと考えると、私の楽しいことというのは1人で出来ることで、それを誰かに言ったり知られたりするとバカにされたり嫌な反応が返ってくるからだと思う。
だから誰かに自分のことを言うのは苦手なのかもしれない。けっこう近しい人にもそれをやられたりする。相手は親しみを持って反応してるつもりなんだろうけど私はずっと嫌だったんだろうね。笑って誤魔化して気にしていないふりをしていたことにすら気が付かなかったよ。こうやって何年も経ってわかるって自分を騙していたみたいで気持ち悪いなぁ。
でもこれからは自分の好きなことは極力表に出さない。映えさせる現代にはそぐわない考え方かもしれないけれど、自分の中でだけ映えてたらそれが1番のいいね!なんだということかな。

ページ上部に戻る