2022.09.28Wed
非表示 09:53

今日はカップうどんを食べました。麺に力を入れてるそうで美味しいのですが、スープも美味しいと思いました。スープにも力を入れてると蓋の裏に買いてました。美味しかったです。
裏の話といえば、何でしょうね?自分の思っていることは全部裏返して生きてるので表がどっちなのかわからなくなります。自分が表として本当は出したいことを裏側にしているのは安心感もあるけど、急にキツイなぁと感じることもあって自分がめんどくさいです。
この投稿は裏表どっちなんでしょうね?裏側だけど裏側すぎると見せられないから表なんでしょう。書いててわけ分からなくなってきましたね。そういうものなんでしょう。でも、しっくりくる裏話みたいなのって、やっぱり私は好きです。

2022.09.27Tue
非表示 05:51

同じ曲をキーを変えて歌ったりして、なかなか良いカラオケタイムでした。
キーを下げるときは、おじさんが昔の恋愛を振り返って感傷的になってるという設定で歌ったりして、なかなかキモい(笑)
キーを下げたり上げたりテンポを速めたり遅めにしたりってするとけっこう曲のイメージが変わったりするんだよね。
そういのがけっこう面白いと思うので、曲のカバーとか聴くのは好きですね。歌が上手い下手ってけっこうカバー曲でわかったりしてしまいます。
自分の歌で勝負しろ!なんて意見もチラホラ聞きますが、カバー曲で勝負出来るのってスゴイことですよね。原曲知らなくても本家を聴いてみようかな~?って思うことはけっこうあって、それを聞き手に思わせたらプロなんだなーと思っております。
私の1人カラオケは遊びですけど、これってけっこう歌の練習にはいい方法なのかもしれません。楽しいですよ。

2022.09.26Mon
非表示 16:59

家の近所のスターバックスができた。
休日の間はずっといっぱいだったのでやっと今日来れて嬉しい。
そしてついにモバイルオーダーデビュー!

カウンターで並ぶよりも早く注文ができるので
マックではフルに活用したけど、スタバは初。
先に入ったお客さんよりも早く商品が手に入るって
言葉悪いけどかなりお得感。

好きな席で注文取って、商品ができたらアプリから通知が来るのでカウンターで受取。
いつも混んでるからぜひおすすめ。

だけど近所にスタバができてから、おしゃれカップルが
自宅の周りに増えたのがちと残念。
駐車場が車で入りにくいので歩いてくる人も多いみたい。
私がいつも通る道をスタバ用に決めたファッションで
カップルが道を塞ぐので、ママチャリ普段着で追い越すのがほんのり恥ずかしい。

100メートル以上前からでも一目でわかる、オサレカフェに行くカップルだなぁ、と。
スタバに限らず人気のカフェの近くはだいたいこういう人いるよね。
カップルでなくてもおしゃれなお姉さんグループとか。

なんか普段自分が散々馬鹿にしてるインスタ映え命な
人達の同類になった気がしてすごく恥ずかしい。
そして今日もそんなカップルがオーダーしてる間に
後から入店した私がドリンクを取って人気のソファ席を確保しちゃって内心ドヤってる(笑)

正直スタバのコーヒーは苦いか甘すぎるかであまり
好きでないけど、チーズケーキとサイドメニュー?のいくつかは好きなライトファン。
程よくおしゃれで長居ができて夜も開いてるので
ほんとちょうどいい。
値段がドトール並みに安かったら一生通うんだけどな。

ちょっとお高いのでたまにしか来ないけど
徒歩圏内に夜中も開いてるカフェができたのは
すごく嬉しい。
夜一人でお茶したい時にまた来よう。


非表示 05:39

行きたいライブのチケットがとれてよかった‥
自分の場合は家族にどうしても調整してもらわないとライブとかには行けないので、それも叶ってよかった。
この曲、スッゴイカッコイイーー!と偶然ファンになり、その数カ月後に新譜が出てそれもカッコイイし、その数カ月後にライブ開催ってトントン拍子で最高かよ!って思います。
なんだかんだでトントン拍子って大事なのかなと思います。トントントントンいくって、偶然に見えて偶然じゃない何かだと思うんですよ。
何事もそんなトントン拍子があるのか、ないのかをこれからも見極めて、その拍子に気がついたら全力で有り難さを感じて受け取る生き方をしたいと思います。
ライブ楽しみだ。


非表示 01:56

やっぱどう考えてもおかしい。少し情緒が育ってないと言えばいいのか。
学生時代、女の子の特徴を声に出して言い、その相手が不登校になってしまったことがあったそうだ。同級生の女の子たちからは嫌われたとか。
…なんていうか、それをまるで武勇伝のように言うあたりが、人として心が欠けている気がする。一緒に遊んでいても、なんというか、一人で遊んでいて、遊ぶ内容を心から楽しんでない。相手が楽しんでるのを楽しむとかそういうことではなくて、相手の一喜一憂をいちいちち評価している。こんなレベルのことで喜ぶんだ、みたいな見下したチェックをして楽しんでる。
それから、びっくりするような悪口を平気で言う。怒ったり凹んだりすると、冗談に決まってるじゃんめんどくせえなと声に出す。私を好きであるという安心感の上でしか成り立たないような悪口なのでつまり冗談になってないから傷つくのに、傷ついたという事実や、どうして傷ついたのかというところに興味がない。彼は人の心ができあがったり、信頼しあっていく過程が本当にわかってない。彼は自分が何をしても好かれる存在であるという肯定感でいっぱいか、もしくは相手に許されたいと願ってそう横暴に振舞い、自分を許す存在をふるいにかけているか、何にしろ、人として最低で、相手と同じ高さで物を見ようと頑張らない心のかけた人間のように見える。

2022.09.25Sun
非表示 21:26

「~が似合う女になりたい」
「~な女になりたい」
とか理想のなりたい自分像を語る若い女性を見て
若いなと思った。

「ーみたいになりたい」と思っていればいるほど
そうなれない自分に気付いた時にガッカリする。
なりたいと思う時点で自分じゃないんだから。

私もそうだった。
憧れの先生みたいになりたくて、ガサツ女王な私が
エレガントな立ち居振る舞いや言葉遣い、マナーを学んで
一生懸命演じてた時期があった。

でも、ある人に「すごく不自然で違和感がある」と言われて
大ショック。
こんなに頑張って感じ良くしてたのに、そんな言い方ないじゃん!と
思うと同時に、もうええわ!となった。

それまで愛想の悪いコンビニレジ店員に内心イラつきながらも
丁寧に接してた私、まずは愛想笑いをやめた。
食べるときはきれいな食べ方でなく、美味しく食べることに集中。
ガッツリカツ丼も食べるし、ジュースもラッパ飲み。

すごい楽になったし、これでいいと思った。
人に嫌われたくなくて、優しいふりしてたけど、それでも嫌われたから
むやみな優しさも捨てた。
主張する時の遠慮もやめたら、ほんと楽になった。
増々嫌われるかもしれないけどw

プロの女優でない私が別人を演じていたら、人は違和感を覚えるし
違和感に人は不安を感じるらしい。
自分らしさをそのまま出せば、人としてモテるわけじゃないけど
少なくともそこに調和があり、不安を感じさせずに済む。
そして、自分自身がとても楽に過ごせるのでいいじゃないか。

叶姉妹が変化には進化と退化がある、といってて、ドキッとしたけど
これは退化ではないと思う。
進化する努力のベクトルを変えただけ。

自分らしさをアップデートしていけばいいのだから。
より無理のない努力でさらに進化できるはず。

とはいえ理想像をもって高みを目指すのも素敵な事。
そこで努力したことは決して無駄にはならない。
色んな回り道をして人は自分を見つけるんだろうね。


非表示 21:09

夏バテしたと思っていたら、胃腸炎だった。
誰にも会いたくなく、連絡とか話もできない感じがずっとあり、なんだかおかしいと思っていたら、体にきた。
疲れを取る薬はないから、忙しい仕事は休むんだよとお医者さんに言われるも、情けないことにそうはいかなかった。
明日、やれる範囲で無事に1日を終えよう。
気遣ってくれる人たちに感謝しつつ、今はただそれだけを思う。
どちらさまも、安心な夜を。


非表示 20:52

行きたーい!遊びたーい!
という連絡は来るけど、具体的に◯◯日とか◯◯曜日とか言ってこない友達がいる。

もう無視していいかな?

行きたいなら、ちゃんと誘え。

ただ言いたいだけなのかな?
私の気にしすぎ?

マジで不愉快。


非表示 08:58

パーソナルカラーの再診断。
数年前に受けた時に、ブルーベースの冬タイプというのは聞いていた。
黒がすごく映えるタイプ。
モノトーンを着ておけば間違いないので服選びは
かなり楽になった。

でもその楽に甘んじてモノトーン一色のワードローブに
不安が出てきた。
年齢とともにどうしても暗い色が辛くなる。

今は黒の強さを跳ね返す肌のハリや艶があるけど
もっと年を重ねたら厳しいかも。

ということで、再診断。
四分割でなく16分割でさらに詳細に見てもらった。

というのも ブルベ冬 でも似合うとされる色を色々試したけど全てが似合うわけではない。
色は深い。
そしてそれを自分で探求するのが面倒くさかった。

診断はまたココナラを活用。
ついでに骨格診断もしてくれると言うので
毛穴が見えるくらいの素顔のドアップと体のラインが
わかる服装で全身写真を数枚送付。

結果、骨格診断ストレート(自己診断通り)
ブルベ冬ウィンターのビビットと判明。
ショッキングピンクとか真っ赤とかロイヤルブルーなど
鮮やかな色が得意。
しかもコントラストを強くすべし。

ウィンターカラーでもグレーや暗い色が苦手だったのは
だからかと合点がいった。

参考画像見たけど相当派手。
でも見ていると、ワクワクしてきた!
好きな色だけど似合わないからと敬遠していた黄色も
レモン色なら映えることがわかったし。

真っ赤なニットに黒のパンツのような、パキッとした色のコーデ、私好きだわ。
自分の内面もはっきりしてるところが服で表現できるのも面白いよね。

自分の新しい可能性を知ることって楽しい。
しかもこんなにカラフルで鮮やかなんて。

ベーシックな色は充分揃ってる。
後は色をいくつか追加するだけ。

新しい自分になる準備は出来ている。
なりたい自分はない。
別の誰かになるのでなく、自分の素材を活かす方が
ずっと楽だし、自分を肯定して生きるほうが幸せだから。

色を取り入れていこう。


非表示 06:41

ちょっと前に爆買いをしたので‥
ストレス溜まってたみたいよ。真剣な話をしてる途中でも手をとめないで新たな何かをやり始めようとされて悲しくなったのよ。いつも自分のタイミングに合わせろというわけじゃないけどね。私の話は風の音とか電車の音とと一緒の扱いなのかと。
そんなことがあって爆買い。もう、本当は聞いてほしいタイミングとテンションで書きたかったけど、無理みたいなのでこうやって書いてます。
そんな感じで高いピアスを買いました。あまりにもサクッと買うから自分でも驚いたけど、そんなこともないとサクッと買わないからいいのかと思っております。
本当は誰かにわかって欲しいのかもしれません。どうでもいいふりをしてるだけなのかもしれません。相手に都合があるように私にも都合があるのです。その都合が合う場所をずっと探しているのかもしれません。でも、それは見つからないからピアスをして何か穴を埋めたいと思ってるのかもしれません。
色々書いたけど、ピアスを堂々と買えてよかったです。物事には理由が必要だから‥

ページ上部に戻る