2020.06.04Thu
非表示 08:39

ものすごく疑問。
おこずかい1万もなく、家事しない旦那と、人間以下の生き物(子供)に囲まれて、頭の悪い非効率な人間関係の中、流されるままに生きる「日常」に、みんなそんなに戻りたいの?
そんなのに埋もれたって、旦那の給料が爆上がりするわけでも、悠々自適な老後があるわけでもなく、自由に戻れる保証がどこにもない日本の「日常」に、ホントに?
女を使い捨てする国で?

私はこのままテレワークやリモート、時差出勤や、コアタイム、とにかく人に囲まれる勤務が非主流の国になってくれたら幸せ。


非表示 05:39

人間は不平を言うのが大好きです。あなたが一つの不平を片づけるやいなや、対処しなくてはならない別の不平が浮かび上がってきます。あらゆることについてあら探しをする人々は果てしなく延々と不服を唱えているのですから、それはまったく驚くに値しないことです。彼らの不平や愚痴を抑え込むために何かできることはないのでしょうか? おっと、不平を言う人たちについて私たちも危うく不平を言ってしまうところでしたね! 月食を間近にひかえている今日は、このところ 苛立たせている人物に対するあなた自身の態度について偽善的にならないよう気をつけてください。


非表示 01:27

このご時世に何を言ってるんだという話かもしれないけれど、「密」という言葉につい笑ってしまう。

ソーシャルディスタンスを意識づけるためにはとても分かりやすい言葉なんだけど、テレビに映る政治家や専門家が真面目な顔をして「密ですので」「密に気をつけていただいて」なんて言っているのを耳にすると、なんだか少し間抜けというか、なんだろう。

いつのまに「密」という漢字1文字で表された単語に「密閉・密集・密接」という意味が含まれたのだろう。

そうだ、わたしが言いたかったのはこれだ。なんだか若者の略語に聞こえて笑ってしまうんだ。「密閉・密集・密接」を一括りにして「3密」、そして「3密を避けてソーシャルディスタンスを意識しよう」という声がけとともにステイホームを掲げていたはずなのに、かなり簡略化されてついには「密」となってしまった。

一時期話題となった「密です」というやりとりよりも、真面目な記者会見中にさも当たり前かのように挟み込まれる「密となってしまうので…」おそらく半年前だったら絶対に伝わらない言葉。

こうして言葉に新たな意味が付随していくのか。

2020.06.03Wed
非表示 23:17

【今日できたこと】
・筋トレ4セット
・ご飯作った
・絵を二枚描いた
・英語30分した

ご飯がそこそこ美味しく作れた。
眠いから早めに寝たい。


非表示 21:37

月初めなのに既にお金ない!やばい!って思ったけど、先月末に買おう買おうと思っていた必要なものはもう買えてるんだよね。
お財布に残った金額は少なく見えて心細くなるけど、消えた訳じゃなくて、別のかたちとしてそこにあるんだよな。
私は無駄遣いはしてないし、損はしてない。
ATMに行けば財布にお金を追加できるけど、それじゃ節約の意味が無いから、絶対に行かない。
これで今月乗り切ったらきっと自信に繋がる。焦らずがんばろ。


芸術の死は文化の死

非表示 18:42

愛知県で若手芸術作家の支援として3年間で1億円を県美術館の展示品購入費として増額することを決めた、らしい。

このコロナの影響でアーティストや舞台演劇、その他の芸術文化と呼ばれる人達が困窮するということは以前から騒がれてはいたね。

会場は抑えてあるからキャンセル料が発生するとか、稽古の期間は無給状態で本番のチケットが売れなければお金が入らない、とか。

ただ、それなら支援としては「コロナウイルス感染拡大防止の為に講演を取り止めた場合の会場費・キャンセル料は国が負担する」でいいんじゃない?と思ってしまう。

それなら莫大なマイナスはかからないわけだし。収入云々は飲食店やそれこそ夜のお店とかだっておんなじわけだし。芸術文化だけ特別ってのはどうなんだろうか。

特に、今回の愛知県は愛知トリエンナーレで日本人を侮辱するような展示内容を税金をかけて行ったって問題になっていたはず。そうすると、今回の支援というのも、それ関係の自分の身内やお気に入りにお金を配るだけなんじゃない?と邪推してしまう。

昨日、高須クリニックの高須院長たちが愛知県知事をリコールする会を発足したとニュースになっていた。そこでは、やはり愛知トリエンナーレの展示内容と税金について抗議されていたから、知事が発表したタイミングとしては最悪だと思う。

前に市長だとリコールを受けて解職したことがあるみたいだけど、知事だと初なんじゃないかな。もし解職となったら歴史に名が残るね。まあ分母が大きいから難しいと思うけど。

東京都では「アートにエールを!東京プロジェクト」としてアーティストへの補助を行うという。応募枠4,000人のところに13,000人以上の応募があったというから笑ってしまった。

みんなお金は欲しいからしょうがない。でも、芸術は優先されるべきだと私は思わないな。むしろ、過去を振り替えれば芸術が発展したのは飢饉や災害、戦がない余裕がある時だよ。有事の時は生活優先。芸術でお腹は膨れない。

人によって意見はあるだろうけど、私としては、お金をかけるべきは今じゃないしそこじゃない、と思うけどな。

名前も知らない劇団の主宰者がコラムで言ってた。「芸術の死は文化の死」だと。

でも、それを言うなら「経済の死は日本の死」だし。

まずは生きなきゃいけないんだよ。今は。


非表示 07:44

「事実に向き合わなければダメだ」とか「現実を見ろ」とかいったことを他人に言われたい人などこの世にいません。こういう類(たぐい)の批判をする人たちは、現実というものは人それぞれ置かれている立場によってまったく違って見えることがあるという事実を理解する能力がないと自ら宣伝しているようなものです。実際、そんなふうに責められている側の人たちのほうが、批判している当人たちよりも勇敢に、より多くの事実に向き合っているかもしれません。金星が火星とリンクしている今、あなたの認識と誰かの認識との間にズレがあります。どちらが正しく、どちらが間違っているかということに気をとられるのではなく、相手の見方を尊重するよう努めてください。


非表示 05:37

同じ年齢でも様々な人生があるような歳の今。
これくらいの年齢になってしまうと、熱意があるように見える説教も綺麗に聴こえる歌も日常の風景の一部になってしまうんだよね。
若い頃もありきたりなスローガンを聴いて改心したなんてことはなかった。でもそれを聴いて、いかに自分の心に響かないかという炎を燃やしていた気がする。
そういう反逆の炎というと大袈裟だけど、今はそんな燃料もなければ火をつけるマッチもライターもない。ないから買ってこようとか借りようとか、そんな考えにすら及ばない。
しかし、誰も拾いそうもない日常の一部を拾っては勝手に喜怒哀楽を展開させたりはするようになったかな。
誰も私が何が楽しいのか?何で怒っているのか?本当の意味でわからないだろうけど、それは自分しか知らない土台によって生み出されてるんだからそれでいい。
それは寂しくも見えるし自由にも見えるのかも。はっきりしないくらいがちょうどいいね


非表示 00:26

無理はしない。疲れたらいっぱい寝る。朝ごはんはちゃんと食べる。
週末は我慢してた髪の毛をバッサリ切ってもらって、シュークリーム食べるぞ!

2020.06.02Tue
非表示 23:08

【今日できたこと】
・筋トレ4セット
・英語30分
・模写作業

筋トレしてて思ったけど確実に腹筋に効果出てきてて楽しくなってきた。やり始めた頃と比べると、あの時このくらいでへばってたのに今では簡単にできることに気づく。
今日は久々に模写したら結構楽しかった。模写ってきつい時はきついけど、既に答えがあるからそういう意味ではわかりやすい。

ページ上部に戻る