2019.01.22Tue
非表示 02:48

気まぐれで水につけた大根の葉が伸びてきましたが
私はなんも芽がでたり葉が伸びた実感ない。兆しも見えないなあ。もやもや。


非表示 00:36

明日楽しそうに話されるのが嫌
それを越えるくらいの
私に楽しかったことがないことが嫌

彼といられなかった事が嫌な訳じゃなくて
彼が、私がいなくても楽しかったことが嫌

そして私も
彼といられなくてもすごく楽しかった、と
思えるくらいになっていたいのに
なれていないから嫌

どうしてこんなに心が狭いのだろう
彼が楽しく過ごしていたのなら
それでいいのに
私がいようといまいと
彼は、楽しいときは楽しくて
つまらないときはつまらないだろう
その判断基準は、私の存在ではない

その事が寂しいわけだけど。

私の影響をもっと受けて欲しい
私でなくちゃダメだ、と
私と一緒でなければ、と
思われたい、という想いは
完全なエゴだよなぁ

そして依存されると重くて耐えられなくなる。

私はなにがしたいのだ

2019.01.21Mon
非表示 23:16

あーあー
わかってくれとは
いわないがー
そんなに
おれが
わるいのかー

って
ほんと。

まさに。

ギザギザハートだわ

じぶんに子守唄して、寝ますか。


非表示 22:58

たいしたことじゃない
気にしなければいいのに
そこに私が居ないことや
私の知らないところで起こる何かにモヤモヤする

楽しそうな声聞きたくなかったな

どうでもいいと思えるくらい
早く楽しいことが起こればいいのに

*今日の良かったこと

朝少し早めに家を出れた
やるべき仕事を終えれた
夕飯を作らなくて済んだ
早く帰れた
雨が降らなかった
スマホの充電が帰りまでもった


非表示 22:11

嫌な言葉を投げられた
力で殴られる
嫌な言葉だった
黙ってやればよかった?
にこにこしてはいもちろん、なんて
そういう態度がほしかったのよね

あなたの、自分の思い通りに動かそうとする
そのやり方が嫌い
はんぶん人のためを思って
自分のことしか考えてない
ほんとのこと言ってない


非表示 21:22

BELOVED
最愛

か。
なんか
ちょっと
スッキリしたけど
まだまだで
眠たいけど
まだ寝たくなくて
むかしの録画したのみよーなんて
ふと再生したら

GLAYとEXILEが
話してた
歌ってた

ほんと
宇宙は
必要なタイミングで
すべて
すべて
すべて

はああああああああ


非表示 21:12

「許さないといけない」「許さないと思う自分はだめなやつだ」「自分が悪いんだ」
と考えていた、無意識に。
許したつもりになってみたり、終わったことだからと思ったり、それでも落ち込んでいる私がクズなのだと。

別に許せないなら許さなくていい、そう言われて楽になった。許さなくていい。許せない事ばかり考えるより、許さないで、そのまま忘れてしまえばいい。


非表示 18:11

先祖だな、
って
まぎれもなく
うちの
ご先祖たちだな
って
実感する瞬間が
どんどん
増えてきている。

いまも
確実に
守り、導かれたなって

そして
うまく
滞りも
怒りも
苛立ちも
不安からの恐怖も
そんな
モロモロイロイロなく

ふつーに
会話できた

これは
もう
うちの
先祖たちの
はからいとしか
言いようが、ない。

そして
いっしょに
くずもち
食べましたとさ

まる。


非表示 17:15

またひとつ
気づいてしまった

自分の変化を

こわかった

昼間でも

いままでふつーに行けてた崖っぷちが

こわくて

辿り着くまでの

獣道でさえも

おっかなびっくりで

はあ?
おまえなに?
どしたの?

肉体に
不調を抱えてると
こんなにも
ビビリになるものか?

あの頃だって
大きな不調を抱えて闘ってた

それがなおり
今はまたちがうこと。

でも
その方が
ダメージでかいってことか?
自分的に?
気づいてなかったけど?
そゆこと?

はああああああああ

へこむわ

だらしなー
なんなんだよ

なにがそんなにこわいんだよ

しっかりしろ

もうやだ
こんなの

あたしは無敵だった

そのいきおい、どこへ?

こんなんじゃ
闘えない。


非表示 06:40

「地獄への道は善意で敷きつめられている」といいます。たしかに、もっと楽な人生を送れるようになることを願って下す決断は、結果的に辛い目にあわせることが多いように思えます。ですから、時には立ち止まり、何をしようとしているのかじっくり考えてみるだけの価値があります。今日のスーパームーン月食は、今していることをなぜしているのか、そして どこに向かっていると思っているのかについて、よく考えてみるよう促しています。今が 戦略を再考するのにちょうどよいタイミングかもしれません。

ページ上部に戻る