2021.04.21Wed
非表示 10:17

こんな世の中になって
何が自分を救えるのか考えた

何もないんだよ

私は見えないものや不確かなものは
信じない性格なんで
ネット情報やデマやあおりに
振り回されずに生きてる

それが一番堅実なのかもしれない


非表示 08:45

なかなかいい気分って続かない。今日は自由だ!と思いすぎると、すぐに落とし穴に落ちたような気分にさせられるようなことが起こる。せっかくの時間があるのに洗濯物を見つめているだけで気力が急降下。これ以上何も起こらないなら何でもいいかな。
高踊りなんかしたからダメなのか。嬉しいときほど気持ち抑えることも必要か。とりあえず甘ったるいクッキーがいつでもスタンバイしてくれてるから、そこだけを拠り所にする。

2021.04.20Tue
非表示 20:45

今日会った人の言葉。

便利だと思って、繋がったがために、感情を刺激するノイズに晒されているよ。
きちんと目の前のことに取り組んでいるのかい。
自分の状態を確認することに力を注いでいるのかい。
どう生きたいのか、努力をし続けているかい。


古き友人との再会

非表示 16:16

また夢に小学校の同級生が出てきました。何度目だろうか。小学校の同級生が大人になってから夢に出てくるなんてこと、皆さんはありますか??私は最近かなりの頻度でそれを見ます。
不思議なんだよなあ。

この「古き友人に会う」ってタイトルにしたのは古畑任三郎の影響です。最終回で津川雅彦さんゲスト時タイトルでした。なんというか、このタイトルが大好きで。昔からこのタイトルが印象的に残っています。一部変更をして、使わせてもらいました。原題は「古い友人に会う」でした。いやでも大してタイトルあんまり変わっていませんよね。ごめんなさい。御存知の方も多いのかもしれません。知らない方は是非調べて見て下さい。

何の意味もないんだろうけど、今日はアイツで昨日はコイツだった。
大学時代の友人も登場してました。

ディズニーランドのボートのアトラクションみたいな物に乗っているんですよ。

ラスト付近になって気がついたら大学の同級生が小学校の同級生に変わっていました。何なんだろうこれ笑。しかもその男子、初登場でした。私の夢に。

場面変わって試験会場。スーツの大人がたくさんいました。私もグレーのスーツを着ておりました。座席は一番後ろでロッカーもありました。許可証を持って自分の座席番号を確かめました。

あれ、どっかで見たような奴がいるな、あれもしかして、

私の座席の列にいたのは私を小学校時代にいじめていた二人組でした。彼らもすっかり、大人になっている。顔は昔と同じ。大人だけど変わっていない。

げ~。なんでアイツらがここにいるんだろう、、、(私)

げ~。なんでお前がいるの??(アイツら)

私もあいつも同じようなことを言いたそうにしていて不機嫌な顔をしていました。

名前確認するとやっぱりあいつらで。

うわあ~、最悪だあ。なんでいんの???みたいになりました。

でももう、私たちも大人なんで大人の対応です。
二人のスーツをハンガーにかけてあげました。

私も一体、何をやっているんでしょうか、謎です、意味不明。
夢とは本来、意味不明の物ですが。

でも時間が経つと彼らと普通に会話していました。
楽しそうに。照れ臭そうに話していた二人が印象的でしたね。

元気でやっているのかな、なんて思いました。大嫌いな奴との関係ってまあ、悲しいもんがありますけどそういう形でしか出会えなかったのが悲しいですよね。

もっと別の形で出会えていたら、良かったのですけど。でもそれもまた、何かの御縁かもしれませんね。嫌いな奴だからこそ、印象に残る物です。良い意味でのライバルと言いますか。

好敵手、ですかね、彼らにも彼らの人生があるのでしょう。いやでもまあ、今もそんなに好きじゃないけど笑、彼らにも人間らしくあってほしい物です。たくさん嫌な思い出もあったけど、出会えたことに、感謝でした。


非表示 12:03

病院食にオプションで汁物を足してもらってるんだけど、小松菜とネギとザーサイの入ったまかない的中華スープが出て、それだけでザーサイのコリコリした歯ごたえとしょっぱさがいいアクセントになってておいしかったんだけど、そこに余らせてた麦ご飯を入れたら鍋のシメ的なうまさがあって、あ〜そうそうこういうのなんだよなぁ〜ってめちゃくちゃ満足した。体がジャンクな味を求めてるゆえ。ごちそうさまでした。


非表示 11:29

今からローストビーフ丼を食べます。
牛肉のパスタと迷いましたが、やっぱりいつもの美味しさを求めてしまう。カレーも頼んでみたいと思いつつ、いつも同じ。
頻繁に来るわけじゃないのにもったいない気もするけど…
で、今食べ終わりまして、いつもと同じで美味しかったという安心と満足感を得たので良しですね。
また来たい。

2021.04.19Mon
非表示 20:38

去年の反動か、この春は多めに服を買っている。
この数年、制服化が成功していただけに、こういう買い物をしたことに自分で大丈夫だろうかと思っていた。
しかし。
新調したものを初めて外でお披露目すると、あら、すてきとお褒め頂いた。
いつぶりだろう、これは嬉しい。かなり嬉しい。
いい気分で春を過ごせそう。


非表示 19:34

SNSがなければ、孤独を感じる事は無かったのかもしれない
目の前の、手に届く範囲の、認識出来るものだけで構成されるなら
何のひっかかりもなくいられたんじゃないかと思うんだ。

誰と誰が一緒に出かけたとか
誰と誰は相互フォローしてるとか
そんな何でもない事に
自分が輪の外にいると気付いて、思って、勘違いして
勝手に傷付いてる
面倒だな、本当に。

連絡すれば良いんだけど、それができないのよ。

疲れたな。


非表示 19:28

昨日めっちゃ呑んで、すごい二日酔い。
只今 迎え酒。

昨日のことはあまり覚えていない。
でも、楽しかったし、おいしかった。

友だちが おめでたということを知った。
さみしい。けど、おめでたい。
子ども欲しいって言っていたから。よかった。
酒飲み友だちが減るからさみしい。

子どもができると どうしても、疎遠になる。
私は子どもがいないし、独身だから。
もう年齢が年齢なので、諦めている。

子どもは欲しくないし。。。

パートナーがいればいいかな。

明日仕事行きたくないな。


非表示 11:55

とても大事な決断をする時、必ずと云っていいほど御老人に声をかけられては道を尋ねられるという経験が何度かあります。

都内の下町で、初めて行った街でのこと。
考え事をしながら駅までの道を歩いていたら突然見知らぬ御婦人に「ここの道をまっすぐ行ったら◯◯◯◯に行けるのかしら?」と尋ねられ、その土地は僕にとっても初めての場所だったので「駅のすぐ近くに交番がありましたから、そちらでお聞きになった方がいいですよ」とお伝えし、駅までの道をご案内。

お気に入りのジャケットを羽織って久しぶりに出向いた街で。
割と朝早い時間帯の地下通路。
通勤・通学でごった返す通路で改札に向かっている時のこと。
「あ、ご免なさいお兄さん。◯◯◯方面にはどう行けばいいのかわかりますか?」とパリッとしたスーツを身に纏う御老人に声をかけられ。
そこはちょうど僕も行く予定だった方向なので、一緒に改札に向かい、同じ出口で地上に出て「もしわからなくなったら交番がありますから尋ねたらいいですよ」とご案内した。
その御老人は息子さんに会うために地方から上京したらしいのだけど、どうにも東京の電車、特に地下鉄がわかりにくく迷っていた、と話してくれた。
「お気をつけて」ほんの数分間に出会いだけど、その方が無事目的地について安堵されることを願って自分の用事を済ませるために先を急いだ。

また別の日。
ある駅に向かうために乗ったバスの中で突然「ねえねえ、◯◯◯◯で降りるにはあと3個くらい先のバス停でいいのよね?」とリュックを背負った御婦人に尋ねられた。
そのバスに乗るのははじめてだったのだけど、路線図が貼ってあるのを見つけて確認したら2つ先のバス停とわかり説明してあげた。
「あ、そっ」と淡泊に返事され、そそくさと目的のバス停から降りて行かれた。

東京都民なら誰もが知っている場所の近くで「あのぉ、◯◯◯◯ってここの道を行ったらいいんですか?」と信号待ちをしてた交差点で質問された。
間違ってはないと思いながら「大丈夫だと思いますけど、信号のところに交番があるからそこで確認された方がいいかもしれないですよ」と伝えた。

ずいぶん前になるけれど、都内には天使があちこちにいるんだよ、という話を聞いたことがあります。
天使といいながらも、いわゆる天使の格好をしてるわけではなく、人間の姿をしていたり、動物だったり植物だったりするそうです。

僕が道を尋ねられた時、自分にとっていい連絡を頂けるかどうかの時でもあったんですね。
不思議ですが、道を尋ねられた時すべてが嬉しい連絡を頂ける結果となり、そのことにずいぶん後になって気づいたんです。

最近、その天使さんに出会う機会がないなあと。
ひょっとしたら僕の天使さんに出会える回数はとっくに終わっているのかもしれません。
こんなご時世だから、生息する天使さんたちもソーシャルディスタンスを守っているのかしらん。

出歩く機会が激減してるから、ひょっとしたらZoomとかでお逢いしてるかもしれない…かも?(笑)

ページ上部に戻る