2019.12.08Sun
非表示 11:10

「ライブのチケットがあるので一緒に行きませんか」

悩んだ末にお金が無いという理由でお断りしてしまいました
お金が無いって断ると人間関係も断ち切れていくらしいねぇ
でも本音は違うんだ

今回誘われたライブはとある有名バンド
しかもすごくいい席、普通取れないような良席
そして誘ってくれた人の最推しバンド

でも、個人的に売れるのは解るし嫌いでもないしヒット曲なら知ってるけど、知ってるだけなんだ
心がときめかないんだ。推せないんだ

そしてね、今年は仕事なんていうくだらないもののせいで、自分の最推しバンドのツアーにはもう参加できんのです
そしてね、個人的に仕事なんていうくだらないもののせいで今年最後の参戦になった自分の最推しバンドのライブが、たまたま地方での公演でね
別にそんなの期待してなくてほんと日程的に行けたのがその地方公演ってだけだったんだけどね
メンバーが
「◯◯地方のみんなー!俺たち今年は◯◯に来るのは最後になります!今年一年本当に有り難う!来年もよろしくね! 少し早いけどよいお年をー!」
で締めたの
自分は◯◯地方とは程遠い場所に住んでるので正しくは自分が受け取っていい言葉じゃないかもしれないけど
でもまさかそんな言葉が聞けると思ってなかったので単純なワイ涙腺崩壊
仕事なんていうくだらないもののせいでツアーファイナルに行けないのに、偶然でおこぼれで、でもよいお年をー!って言葉をもらえたのですよ

だから本音はね

今年一年の最後のライブ参戦を、嫌いでも無いけど好きでもないバンドのライブで締めたくなかったの

もし自分の最推しバンドに追加公演あって仕事の都合つけば絶対チケットと新幹線取るもの

でもね、でもね、自分にとって、口汚い言葉を使うとどうでもいいバンドは相手にとっての最推しバンドなんですよー!

お金が無いのでお断りさせてください→こちらの最推しバンドにお金を出す価値を感じてくれないんですね
どうでもいいと思っているバンドのライブで今年を締めたくないです→こちらにとっては最推しなんですけどぉ!?

…どっちが角が立たなかったのかなあ
年末年始に被らなければ行ったんだけどね
百聞は一見にしかず
経験値になるでしょう

でも時期が悪かったのだ

別に相手が怒ってるとかではないんだけど、別に仕事で行けないとかなら心も痛まないんだけど、本音と建前でなんか引っ掛かってしまっている
人様の最推しに対して自分にとってはどうでもいいバンドなんだもんって烙印を押してしまったのがしんどい

しんどいけど仕方ねぇな
かつてアヒルもお金は大事だよって歌ってたしね!!
ごめんねお金じゃなくて、行きたくなかったんだ!
嫌いだからじゃない
自分にとっての今年最後の参戦になった最推しバンドのライブがよすぎて守りたかったんだ!
もやもやをここに吐き出してぽーい!

好きの反語は無関心!!
また機会があったら誘ってください
こういう心理的な事情や仕事や用事が無ければ経験値増やしにいきますので!


非表示 06:59

面倒だ…と思ってたことがついにやって来た。
締め切りも短いし書くことも制限されてるしで、正直、気が重い。
去年は一応これをやるための窓口側にいたから余計に面倒だった。この窓口を一緒に担当していたある人に対して、この仕事がきっかけで今までのモヤモヤが爆発して嫌いになってしまったんだよね。
もう、これ本当にやめたらいいのにな…って思ってる。
しかし、表向きは「感謝の気持ちの表現」だからなくせないんだよね。
スパッとやめたら楽になること、平和になることってたくさんあるよね。だけど、表面は美しさを目指したり和を強調してるからやめられないことって多いんだと思う。
誰かが負を背負って得られる和がなくなりますように

2019.12.07Sat
非表示 23:02

朝駅に向かう途中で自転車をドミノ倒ししちゃった人がいて、通りすがりの数人で直すのを手伝った。
もしもいつも通り時間ギリギリの行動をしてたら、見てみぬふりしてたかもしれない。やっぱり時間に余裕を持つことは大事だと実感した。
明日は洗濯して布団干して掃除する予定だからお昼までに終わらせてからだらだらするぞー!


非表示 07:33

人生は繰り返しの活動によって成り立っています。それらの活動の中に、私たちがこだわり抜くものがいくつかあります。例えば、私たちは「食」のことを考えたり話したりすることにたくさんの時間を費やします。また、「眠り」について考察することにたくさんの時間とエネルギーをつぎ込みます。しかし、私たちを生かしている奇跡......「呼吸」はとかく見過ごされがちです。満月が海王星(うお座の支配星)とつながる今週、これまで当たり前のこととして捉えていた活動に感謝するチャンスがもたらされるでしょう。感謝することによって、よりたくさんの感謝することがもたらされるという、すばらしい効能があります。

2019.12.06Fri
非表示 09:36

普通の人生を送っている普通の人ではないのですから、この週末が単なる普通の週末でないことは何ら不思議なことではありません。あなたの支配星である海王星が、金星と太陽のそれぞれと形成しているアスペクトによってその影響力を強めているときはなおさらです。あなたがルールブックを放り投げなくてはならないのはそのためです。あなたにとって何が重要なことなのかを知るために、普通のサインや合図を頼りにするわけにはいきません。あなたは自分の心に従い、自分の直観の声に耳を傾けるしかありません。よかった! あなたはそれが得意です! そうすることが素敵な人との出会いにつながるでしょう。


非表示 05:50

自己紹介って苦手かも。苦手というか知られたくないんだよね。
思えば自分の好きなことやモノを否定されてきたことも多かった。でも、結局自分を守ってくれたり楽しませてくれるのは好きなものことやモノだったりする。
そういう自分の大切なものを否定的な考え方にさらしたくないというか、触れさせたくないのかも。
とはいえ、生きている限りやたらと自己を開示させるように要求してくることも多い。昨日もそんな場面があって疲れてしまったよ。適当に外に出す専用の趣味やらマイブームを考えて口に出すけど、興味なさそうだったな。そりゃそうだよね。それも全くの偽りではなく自分にとって好きなことであるけれど、外に出すようにしか話せないし話したくないから相手にとってつまらないのだと思う。でも話したくないし乗り切るためにこうするしか自分みたいのは生きていけないんだよね。
なんかこれって突然「ディス イズ ア ペン!」とか言い出す、英語の授業並みに不自然な流れだなぁと思う。
それでもみんな生きてるし、そんなこと気に止めたこともないんだろうね。
不自然なことが自然なことなのかもしれない。
今日もどこかで「ディスイズ、ア、ペン」のような会話をするのでしょう。アイム、ファイン センキュー

2019.12.05Thu
非表示 22:00

今まで一度も自分の気持ちを言ってくれなかったけど、最後の最後だと思って、本当は会いたいし結婚したいと泣きながら伝えたけど、返ってきたのは無言で、この人は私と一緒になる気がないんだなあと分かった。
だから、もう気持ちを切って接していたのに、お正月に会いに来るって、今更なんなのって思うし、来たところでどうするつもりもないんでしょ。
もう、気持ちは終わったから前みたいにはできないよとメッセージを送ったら、親指のマークだけ送られてきた。
寂しい時だけ相手をしてくれる都合のいい女で居られるほど、私には余裕がない。


非表示 16:15

なんかわりと真面目に未来って言葉なくなるんでないかなあと思うことがある。なんか最近よくネットでも「言語力の低下」だとか「若者の会話がおかしい」みたいなのがあるんですけど、それでえらい学者や大人たちは危惧してるらしいんですけど、それってもう止められないんじゃないのかなあと思います。よくオカルト的な話になると、未来人は会話はしなくなって、テレパシーで言葉を交わすみたいなのがあります。わかりにくいのですがテレパシーだからそもそももう言葉なんてそこにはいんですよ。そこにあるのはただただ「感覚」だけで直感みたいなものなんですかねえ。なんとなくわかるみたいです。瞬間的になんかわかるみたいですよ、若者同士もそれで案外意思疎通が出来てるのかもしれません。心配してるのは大人だけなのかもしれません。まあ、わからないんですけど勝手な仮説してます(笑)だから今の若者の言語能力の低下とか危惧されてるのも致し方ないのではないか、と思います。だって、結局未来的にはおそらくそうなるのかもしれないから、いいか悪いかは別にして仕方がないことなのではないのかなと思います。宇宙人もあまりベラベラと喋らないのかもしれません。これも所詮進化なのでしょうか。


非表示 14:57

12月の晴れた午後。

私は、ある決断をしました。

この道なんだと思う。

うまくいきますように。

青空から降り注ぐ光が、

祝福してくれているような気がした。


非表示 10:14

人間はすぐイライラします。私たちは皆、自分が礼儀正しく、穏やかで、自制心のあるタイプだと思いたがりますが、いずれそのうち何かが起こり、私たちを抑えきれない怒りで満たします。そして感情が高ぶるやいなや、私たちは招きうる結果のことなど少しも考えずに、その場の勢いで決断を下してしまう傾向にあります。今あなたには、ちょっと熱が入りすぎている、検討中の選択肢から降りるという、めったにない貴重な機会が与えられています。プライドのせいで癒しと許しのチャンスをふいにしてはなりません。

ページ上部に戻る