2019.04.18Thu
非表示 20:22

ついつい暗い?ネガティブ?
っつってもそこまで、昔ほどではないんだけど
そんな方へ引っ張られて
というか気づいて反省したりしてた
け!ど!
それはもう過去で
そのときはしうするしかなかった。
それを、選んだんだ。
それが、最善と思ったんだ、その時のあたしは。
だからそれでいいんだ。
だからいつまでもまたそこへ今のあたしがどうこう思ってもしょうがないんだ
努力している。
それで、いまがある。
大丈夫。
前向きに!
もう、すぐ、そこまできているそれを
掴め!
掴めるよ。
掴む。


2019.04.18

非表示 15:55

昨日の夜 ごはん、じゃがいものキムチ煮、まぐろの漬け、きゅうりと大根のはりはり漬け
朝 メロンパン半分、のむヨーグルト
昼 なし
おやつ ガリガリ君ソーダ味、カフェオレ
夜 (何にしよう)

昨夜バイトが終わるの遅かったので、今日は8時に起きて朝ごはんを食べたあと二度寝してしまった。よって昼ごはんはなし。14時に起きた。
気付けのカフェオレを飲むために、近所のセブンイレブンまでお散歩。
もうすっかり暑いですね。GUのセーターいちまいで出かけたけど、じんわり汗をかいた。
桜は満開で、陽は強い。日に焼けたくないけど日焼け止めを塗るのがめんどくさかったので
帽子をかぶって行った。

インスタで、勉強垢?というのを作ったんですけど、投稿するのめんどくさいし、
勉強道具や内容にインスタ映えを求めるのに疲れてしまって
ていうかインスタ映えするかどうかより、自分にとって使いやすい文房具を使うこと・分かりやすい勉強法で勉強すること、以上に大切なものってないんだなと思った。
なぜ勉強垢を作ろうかと思ったかというと、
①頑張る人たちを見てモチベーションが維持できるかと思ったこと、
②いいね!で承認欲求が適度に満たされ投稿頻度が上がる=投稿するために勉強する
というわけだ。
実際やってみると、
①インスタ映えを狙っている投稿ばかりで投稿を見るだけで疲れる
②いいね!で承認欲求が満たされることはない、勉強するたび投稿するほど暇じゃない
ということに気づいた。
2週間くらいしか保たなかった。アカウント消そうと決めた。


あれから約一年

非表示 12:13

東京に行って、もう一年経つのか
時が経つのは早いな

その間、連絡は一切無し

そんなもんだ

今年、長男君が受験。次男君が中学生
引き続き、忙しくなってるかな

体に気をつけて


非表示 09:50

昨日は1年間ある仕事を共有したものどうしでランチをした。
新年度で新しい役職に決まった人たちに引き継ぐために集まったので、たぶんこれが最後だろう。
この1年間、色々な人と接してきた。
昨日のグループにいた1人が明るくて、ハキハキしていて、自分の話もするし周りの話しも聞くし、そこから面白さを見つけ出して笑いに変える人。一番よく感じたのがその他の周りの人のいいところを引き出しているということだ。
この人は人望があって勝手に人脈が拡がっていくタイプなんだろうな~と思った。
一方で、昨日とは違うグループにいると気持ちが淀んで緊張感が凄かったのを思い出した。そこのある1人が人の粗を探すのが上手いというか、その人といる他の人も嫌な部分が引き出されていたような気がする。自分もそうだったんだろうと思うとゾッとする。
1年間で良くも悪くも人を見て、自分がどういう人間が好きなのか?どういう人間になりたいのか?を考えたような気がする。
昨日のランチのグループにいた、あの方のようにはなれないけれど、自分なりのやり方で人の良さを引き出していける人になりたいな~とぼんやりながらも思った。
それがどうすればいいのかわからないけどね…


就職活動とは2

非表示 09:06

つづきです。では、面接官側はどうか?企業側はどうか?企業側もまた、毎年のように同じことを繰り返しているのである。同じような模範回答、企業が新卒学生に求める「気持ちのよい受け答え」これを毎年のように行っているのである。マンネリもいいところだ。しかし、そのような同じような年間行事にも企業側も毎年真剣勝負なのである。

そして当たり前だが学生は真剣である。どの学生もホテルに一球入魂、今日というこの日に勝負をかけている人たちばかりだった。ホテル業界は女性が多かったかな。あのときは。私は彼ら彼女らを見て「かっこいいな」と思った。なぜならば、私には彼ら彼女らのようにそのときに熱く夢中になれるものが何もなかったからである。

ホテルは好きだったが、そこまでの情熱と熱意が、私にはなかった。負けたのだ。そしてホテルの面接に行って感じたことは、「私のいるところではない」ということだった。行ってみて初めて面接を受けて初めて「あ、ここじゃないな」と思った。そのときは恥ずかしかった。思い込みかもしれないけど、申し訳なく思った。受けに来ている学生は大体がホテル専門学校生であったりプロ意識が高い子がとても多かった。畑違いというか、住む世界が違うのだなと改めて実感したのがそのときだった。

ホテルは好きだけど、なんか違うのかな。それから大学の同じ学部のちょっと変わった奇抜な友人は「スタントマンになりたいからどっかのオッサンに弟子入りする」とファンキーなことを言っていたり、また別の友人は生真面目な彼女らしく「地味に公務員になりたい」と言っていたりした。私はそれから就職活動はやめた。そもそも乗り気ではなかった。それから私は派遣社員になった。これもファンキーなのだろうか。

その当時派遣社員という働き方が世の中を賑わせていた。篠原涼子の「ハケンの品格」があったのもこの頃だった。そのドラマに影響されてか私は派遣社員にそのときは憧れた。派遣社員にもいいところと悪いところがあるのだろう。「正社員でなければ立派な社会人として認められない」「バイトはただのバイト」「そうでなければ人間ではないのだ」どこからか、このようなささやき声が聞こえてきそうだが、それはそれで正解なのである。

人により答えはバラバラだ。それもまたいい。しかし、仕事に優劣の差はない。どの仕事にも意味があり、どの仕事にも感謝の気持ちは忘れないでほしい。正社員という名の束縛は私には耐えられなかったのだ。でも、それはそれで、よかったと思っているのだ。私はそのときのことを後悔はしていない。まあ、そういう選択肢もあったのだ、ということなのだ。難しいけれど、それもまた人生なのだ。それもまた、面白いのかもしれない


非表示 07:13

誰かが悪い行いをしたからといって、それがあなたの信条を捨ててもいい理由になることは決してありません。世の中が政治家の嘘、企業の脱税、生態系の危機といったニュースであふれている時も、あなたはブレることなく自分の信念を持ち続けなくてはなりません。もうじき起こる占星術上のブルームーンは、あなたが対処することを余儀なくされているバカバカしい状況に関してのちょっとした嘘に焦点を当てています。あなたにとっての最善の策は、自分の手元にある仕事に集中することです――そして、うさんくさい近道が成功への道であるかのように思わせる提言を一笑に付(ふ)すことです。


就職活動とは

非表示 06:48

私が大学生の時に就職活動をしたのは10年以上前なので今のこの日本の状況がどうなのかはわからないけど、日本の就活はやはり世界的に見ても独特でありまた特殊なものだと思う。

自分が就活する際も感じてはいたが、気持ち悪い。本当に気持ち悪いなと思う。しかしまだあの学生時分には私にとっては「それが当たり前」であり、「そういうもの」だと思っていたので周りに流されるままになんのためらいもなく、

まあまあ「これはおかしいな」とは思いつつも「人と違うことはしてはならない」という一種の強迫観念のようなものも手伝ってごくごく自然に就職活動に日々励んでいたのかもしれない。

若かったのだなあ、あのときは、芸術系の大学に通っていたが私はホテル業界に元々興味があり会社説明会や面接はほとんどホテルに絞った。まあ、結果はすべて惨敗だったのだが。仕方がないね、理由はのちほど説明しよう

昔からホテルマンに憧れていたからだ。案の定、どの説明会にも同じようなスーツで同じようなヘアスタイルで同じような作った笑みの若い学生で溢れていた。これはホテル業界に限ったことではないだろう。大体どの一般企業でもそうだと思うのだがリクルートスーツの大海原なのである。

気持ちのよいぐらいに見渡せば同じ従順な精密機械のロボットがたくさんいるかのようなのである。それはとても気持ち悪いが、

それと同時にそれはとても整然としていてその様子はとてもきれいでかっこよく、一糸乱れぬ綺麗に統一されたその光景は惚れ惚れするものもあった。

気持ち悪いけど綺麗だな、と不覚にも矛盾しているが客観的にもそのようなことを思ったことは事実であった。しかし、やはり気持ち悪いという感想は、今も昔も私には変わらないのである。

そしてその中に、もちろん気持ちの悪い同じようなスーツを着て同じようなヘアスタイルをしながら作り笑いをする自分も当然いるのである。自分も結局同じことをしているので同じ穴の狢なのである。笑っていい。ていうか笑ってほしい(後半へつづく)


非表示 01:14

息子達の寝顔が、最高に癒される。
どんな人生を歩むのかな。
大好きだよ。
できるなら悲しい事や辛い事、嫌な事が無ければ良いのにと思うけど。
経験する事も大切です。
思いやりや感謝の気持ちが持てますようにと願うのです。

いい夢見ろよ。

2019.04.17Wed
非表示 20:20

やっぱりいいことばかりは続かないよね
頭で予想してたし、なんなら口に出してたけど実際起こるとやっぱりしんどい

今日も今日とてやらかした
仕事が出来る出来ない以前に思い込みが激しくて視野が狭くて、相手の言ってることが聞き取れずに理解できなくて、説明下手ってこれもう社会に出ちゃいけないレベルよね・・・
周りが優しい人ばかりだから迷惑かければかける程、消えてしまいたくなる
今まで楽しかったこともたくさんあったはずなのに、生まれてこなければよかったと思ってしまう

生きづらいなあ


2019.04.17

非表示 13:45

昨日の夜 パックのおすし、ぶどう
朝 ぶどう、メロンパン半分、のむヨーグルト
昼 ごはん、じゃがいものキムチ煮、まぐろのお刺身、きゅうりと大根のはりはり漬け
おやつ セブンのカフェオレ、あんこのお団子
夜 (なににしようかな)

今日はちゃんと朝8時に起きて病院に行ったよ。レントゲンを撮った。
早く行きすぎて「院長先生がまだ降りてきていません、少々お待ちください」
と受付のお姉さんに言われて20分ほど待った。
20分も待つならもうちょっと家を出る時間を遅くすれば良かった。

ゆうべ、食材を買いに行ったので
今日の昼はちょっと豪勢。
一汁三菜ぽいことを。
お刺身食べきれなくて残してしまったし(醤油とみりんで漬けた)
お漬物もまだ残っているから、夜も同じメニューかも。

おひるごはんを食べたら、大学に行って写真撮影をしました
年度始めに、必ずやっていること。

今年はあんまり大学に行く予定がないですけど
行事には参加したいですな。

今日はあったかいんだけど曇りで
湿度が高め?なのかな
長袖のワンピースにカーディガン、インナーはヒートテックだったのであまりに暑くて
セブンで冷たいカフェオレを買って飲んでいます、午後。

夜はバイトなので、それに備えて少しお昼寝。

ページ上部に戻る