2020.10.29Thu
非表示 08:17

お祝いしたいから飲みに行こう。と連絡がきた。
◯◯←大衆居酒屋 ってわけにもいかないから、どこか希望ある?と聞かれたので、◯◯で充分だと答えた。
すると、ちょっと考えます。と返事が来た。

数日後、何軒かお店の候補を送ってくれた。
その中に ◯◯が入っていた。

私は Aか◯◯で。と返事した。
すると、◯◯にしようと返事がきた。

意味わからん。

◯◯は大好きなお店だけど、はじめに ◯◯というわけにもいかないと はじめに言ったのダレ?

もう無理。はじめから、お祝いの席に大衆居酒屋っていうのもなんだかなと思ったけど、◯◯にしよう!って言えばいいじゃない。

せこいな と感じた。

大衆居酒屋がだめなのではない。
この話の持っていき方が 最低。
お祝いしたいと言ってくれたのは そっちなのに、なんか全然うれしくない。

これって私だけなのかな、、、。


非表示 00:43

兄弟姉妹が比べられる、というのはよくある話である。
私たちは知らないうちに友人知人の兄弟姉妹の情報を得ている。情報を得れば比較してしまうのは自然なことだ。そして、その比較の多くは比べられる側としてはたまったものではない。

さて、私には一人兄弟がいる。
しかし思い返してみると、私が兄弟と比べられたこともなければ、兄弟が私と比べられたこともない。あるとしても家族にぽつりと言われたくらいで、気に留めるほどのものでもない。
何故だろうと一瞬疑問に思ったが、答えは非常に簡単に出た。
私も兄弟もそろって不登校だったからである。
不登校児の情報など誰も知らない。よって、誰も比較しない。
そんな過去がありつつも、私達は(紆余曲折あれど)普通に社会に出る。社会は学校と違って兄弟姉妹のことなど気にしない。というか、興味を持たれない。私に兄弟がいることすら知らない人間のほうが多い。私にとってはよい意味で他人に無関心である。

比べられたことのない私達は、当然コンプレックスを持つことなどなく、むしろ不登校である過去が同じなのと共にいる時間の長さによって、大人になっても仲良し兄弟となった。
正直な話、私より兄弟のほうがよっぽど頭の出来がよいので、仮に学校に行っていたとしたら散々比べられたものだろうと予想している。その点では、不登校でよかったのかもしれないと思った。

2020.10.28Wed
非表示 17:04

日常の中に刷り込まれたことって
ほんと
すごい。
いつからだろ?
小学校くらいだった気がするけど...
もっと小さかったかな?
5時のチャイムがなるようになった
でっかくて、、ビクッとする感じで始まったけど
いつの間にか
それに合わせて帰る、、という子ども時代を過ごしたり
その後もなんとなく
あー
5時かぁ
とぼんやり思う。
もっと大人になってからは
季節が変わることと、曲が変わることで
子どもの頃の記憶がふっと浮かんだり
これが当たり前になってて
うるさいとも思わないのに
習慣?てすごい


非表示 14:02

うっかりミスによる失敗も落ち込むけど、余計なことをして失敗してしまったショックのほうが自分の中で負の要素がジワジワ拡がってより落ち込む。
あんなことしなければ‥何もしないほうが‥ってずっと思ってしまう。
こういうタイプの失敗をすると、親に「気が利かない!」と言われた出来事を思い出す。よくある会社の親睦会のバーベキューみたいなので社員の家族も参加する会だったと思う。
小学校高学年くらいかな?食べたいものが取れずにゴチャゴチャ言ってしまったのは悪かったかもしれない。でも、そのときに「気が利かない!」とバシッと言われたと思う。親としては自分が食べるよりも周りに気を配り食べ物や飲み物を配膳して欲しかったんだと思う。「出来る娘さん」って言われたかったんだろうな。
この「気が利かない」ってのが何十年経っても何かにつけて蘇ってしまう。気が利かないと思われたくなくて余計なことをしてしまうけどやるべき事はそれじゃなくて‥というなんとも言えない負のループ。
ここから抜け出したいんだけど、気が利かないと思われたくない!気を効かせなきゃっていつも思っているような気がする。本当は仕事も人間関係もそれだけじゃないってわかってるのに。
だからなるべく関わらない何事にも。と思っているけどいざというときに変なスイッチが入って押してしまうの繰り返しかも。
このスイッチを壊したいけど壊れないのが悩みかも。
気にしないようにしていても気にしてるんだな。何かに関わらないという対処療法しか無理かも。答えが出ないな


治療26日目

非表示 11:05

昨日は疲れていたせいもあるのか日記を後回しにしていたら日付も跨いでいて書くのを忘れてしまった
だから今日もまた忘れないように早めに書いておうとは思ったもののこれと言って書くことは少ない。
また別の部位にできた腫瘍でお世話になるかもしれないけどない方がいいねなんて話を先生としたくらいかな?
平気だとは思いたいけど腫瘍の部分が少し痛む時があるから心配ではある
来月の検査でなにもなければいいな


非表示 10:12

朝、会社の窓を拭き掃除していたら
歩道をぴょんぴょん跳ねながら
歩く女子高生が見えた

いいなぁ

こっちまでうれしくなったよ
ありがとう

(手を振りたかったけど不審者だよね...やめました)


非表示 09:14

昨日の良かったこと

*レバテキが最高に美味しかった
*語れる友がいることの幸せを感じた
*降りたことない駅に降りた。散歩してみたいと思った
*少しずつマインドフルネスが出来てきてる気がする
*若林の本が面白い

昨日は苦手なスタッフとほぼ絡むことがなかったので、そこまでしんどくはならなかった。
友達と色んな話をしながら、美味しいモツを食べるのは至福の時。

今後の人生、どうなっていくんだろー、って言いながら
でも、どうなっていっても、こうやって一緒に美味しいものを食べながら笑って話すんだろうな。と思った。

元々はネットで知り合った彼女、もう17年の付き合い。
ずっとこうやって喋っていたら
気付いたら人生の半分以上を知っている仲になるんだろうな。

ネットって、いろいろ問題になったりもするけど
こんな素敵な出会いも生むのだから
あってよかったなー、と単純な私は思う。

2020.10.27Tue
非表示 21:44

週末はきっとドライブ日和になるはず!
まだ火曜だけど。
ひとり朝から、気ままな水辺ドライブに行ってみよう。
会いたい人とはまだ会えないけれど。
会えないけど、元気にしてるって連絡しよう。
勝手にそうすると決めた。


非表示 20:45

あーあ全部頑張ったこと意味なかったのかな。
なんか結局見下されてたのかな。
ていうか人と関わるのやっぱり向いていないな。
ていうかもうなんか生きるのが向いてない。
努力、努力…努力ってなんだろ。
頑張る方向が間違ってるのか。
でもなんかもうちょっと疲れた。
結局最終的に周りに迷惑かけるならやっぱりあの時死んでおけば良かった。
もう全部嫌だな。


非表示 12:33

ファミレスランチをしてきた〜お腹いっぱい。
これから少しだけど労働か。少しっていうのが面倒なのかも。
自分の意思で決めた少しではないからね。なんでこんなちょっとのために1日の時間を調節しなきゃならないのか〜と憤っていたけど、最近はそれにも疲れてきてふわふわと憤る感じ。
ランチして気分転換になったからいいか。ドリンクバーのコーヒーも美味しいとラッキーだと思える。
マスクの下に赤いグロスして遊んじゃおうかな?
人を食ったような‥という表現があるけどまさしくそんな感じ。さっき食べたのはハンバーグです。今日も午後から始動です。

ページ上部に戻る