2019.08.17Sat
非表示 01:51

昔から勘がいい方だ。それも、結構細かいところまで当たったりする。今回は起きたら嫌だな〜と思っていたことが、思った通りに起きてしまった。不安が現実になって、胃がキリキリしながら問題に取り組んだ。酷く怒られるんじゃないか、そうしたら私はもう立ち直れないんじゃないか、どうしよう。そう思っていたのに、相手の反応は想像よりもずいぶんとアッサリしたものだった。
当初の「こういうことが起きそうだ」という勘は、そのままの通りに起きてしまった。だけどその不安から来る想像は的外れで、力が抜けて笑ってしまった。考え方の癖にちゃんと気付いていたらここまで不安にならなかったのに!


未来の前にすくむ手足は

非表示 01:06

ジブリが好きだ。たいていの人がそうであるように、わたしもジブリが大好きだ。放映するとなると幼い子どものようにワクワクしながら画面の前に座ってしまう。

でも、今晩放送していた『千と千尋の神隠し』は長いあいだ苦手だった。あの、序盤の得体の知れない不気味なおそろしさ、ちいさい頃によく見た夢に酷似している。薄ぼんやりとした影しか見えない人だったり、もがくように必死に動かしても全く前に進まない脚だったり。いまでもひどく不安になってしまう。ジブリは好きだけれど、メイちゃんのトウモロコシを狙うヤギと火垂るの墓のお母さんと千と千尋の序盤はトラウマメーカーだと思っている。

話の序盤は苦手だったんだけれども、やはり楽曲は素晴らしくてよく聞いていた。なかでも有名な『あの夏へ』は、いつだったか西本願寺で行われたコンサートの映像がとても印象的で、家の人から呆れられるくらいくり返しくり返し再生した。
その『あの夏へ』、歌詞が付いていると知ったのは数年前。ひょんなことで知って、YouTubeで聴いてみたのだけれど、聴いて泣いた。とても美しい詩だったから。

それだけで苦手がマシになった。なんて単純。
でもそれほど衝撃的だったの。

わたしのように話が苦手だと思うひと、歌だけでもいい。聴いてほしい。さらに詩が好きだというひとはちょっと好きになると思う。

なんてことないわたしのおすすめ曲。

2019.08.16Fri
非表示 21:18

人と密度の濃い時間を過ごすとやっぱり疲れてしまう。
それが家族でも友達でもそうだから、ただの知り合いとか職場の人とか疲れて疲れてしょうがない。
一緒に過ごす時間が短ければ短所を知る機会も減るのに、なかなか帰らないで話すしかなくて結局、年齢よりも幼さが目立ち違和感を覚えたりする人。
こちらが話をキャッチしていないのに投げつけてきて、やりたくないドッチボールをさせられてる気分にさせる人。
最近は特にこの2名に疲れてる。
拘束時間が終わったら帰りたいし、無理矢理ドッチボールはしたくない。
そういう気持ちが一致した人との大人どうしのドッチボールは楽しんで出来たりするんだけどね…
子どもに合わせてあげるのも当たり前なんだけど、やっぱり合わせてあげるのって限度があって疲れてしまうから。それが大人の見た目ならやっぱり可愛いともしょうがないなぁととも思えないし。
色々ツラツラ書いてしまったけど、生きていくって修行だ。相手からみたら私は「雑談が下手で会話のキャッチボールすら出来ない人」と思われてるかもしれないから難しい。相性悪くても上手くやる術を何歳になっても持ち合わすことが出来ない~


非表示 14:31

僕は今嫉妬していることを認めよう
君が昨夜誰と一緒だったのか知っている
僕の好きな君の声であいつの名前を呼んだんだろうか
君はただ普通に楽しんだのだろうわかってる
嫉妬する権利なんかないわかってる
だけど苦しい
君を独り占めしたい
他の誰かに笑う君を閉じ込めてしまいたい
そんな権利ないのに
僕にそんな権利はこれっぽっちもない
だけど苦しい
君を独り占めしたい

矛盾してるのはわかってる
苦しい
ただ苦しい


非表示 12:30

平和ってことなんだろうけど最近良いも悪いもちょっとずつ
ものすごく悪いことも無いけれど、すっごーくいいこともない感じ
でもいいことと悪いことを天秤にかけたらいいことの方が少し重たいな
そっか平和か
要は就活に難航しています
こんなに長く無職する予定じゃなかったんだけどな
まあ明日食う米に困ってないので、とっても悪いことがあるよりはいいのか
頑張ろ


非表示 09:08

理論と現実の区別をつけることは一筋縄ではいきません。この二つは、同じコインの表と裏というより、綱引きで対峙しているチームのようなものです。たとえ両者の関係が互いにとって役立つように思えても、相容(あいい)れない性質を持っていることは火を見るより明らかです。理論的なほうが魅力的だと感じる人たちもいますが、こちらはたいてい負け犬に見られます――いつだって最後には現実に負けるからです。しかしまた、現実がすぐ目の前にあって自分を見つめている時でさえ、その現実を否定する人たちもいます。今週末は、あなたの身近にいる人物が理論と現実のどちらに傾いているのかを見きわめる必要があります。


非表示 08:19

しんどい。面倒臭い。とにかく面倒臭い。ただそれだけだ。人間本当に面倒臭い。面倒臭いが口癖になっていますけど、昔からそうだったのかな。そんなことはなかった。学生時分はまだ楽しめていたのだろう。ここ最近かな。面倒臭いが決め台詞ようになってきた(笑)何も自慢することではないが。それでもやはり面倒臭い。しかし思えば中学生の頃毎朝一緒に学校への道のりを共にしていた女子A子は毎朝私に会うなり次の言葉を口にしていた。「今日もしんどいなあ」毎朝決まって彼女はこれを決めゼリフのように私に向かって「成敗してくれるわあ!!!ワハハハハ」みたいにかっこよく決めながら言うのであった(少しわかりづらいが)その時のA子の気持ちは今思えば非常にわかる。だってしんどいもんな学校(´・ω・`)それにつられて私も毎回「せやな」と応戦したものだ。非常に懐かしい。中学生の頃すでに何かを悟ったかのごとく学校にあきらめながら哀愁まじりに「しんどいな」と口にしていた私たち。しんどかったけど、それもまた二度とは戻らないあの日の青春かな。


非表示 02:00

あと5〜10年後、推しが現在と同じアイドルや、俳優など何らかの形で表舞台にいてくれているのだろうかと考えたとき、確率は50%以下だろうなぁとなんとなく思ったので、応援できるうちに精一杯応援しておこうと思った。

自分が自分がっていう感じではなく、色々こなせる器用な人だから裏方に行きそうな感じがするんだよなあ。

何事にも永遠はないけど、アイドルって特に存在が儚い。


非表示 00:00

少しずつ少しずつ
諦める練習をしないと
新しいことを受け入れる
覚悟をしないと
弱くてずるい自分に負けてしまう
うわのそら つかれてる
無理させたかな
嬉しいけどちょっと悲しい
また別れを側に感じて
あとどのくらい
いまの私とあなたでいられるんだろう

2019.08.15Thu
非表示 21:27

夏休み最終日。
アレルギーのおかけで、ほとんどご自愛休日。
午後の深い眠りのあと、昔の恋人の夢を見てうんざりした気分になってしまった。
まだ、思い出にはなってはいない模様。
そういう自分を軽んじてはいけないと、尊敬する人生の先輩に言われている。
仕方ない、今日は満月だから。
そう、満月のせいなんだ。

ページ上部に戻る