2020.04.08Wed
非表示 23:01

退会しましたの表示を見て安心。
私も退会。チェックしてたの感じ悪いよね、、

安心させてくれてありがとう。
会えなくて恋しいと思うのがずいぶん久しぶりな感覚。
きっと次会うときは照れてるんだろうけど。


非表示 20:50

3月20日、彼女ができた
一度も会えてない
早く会いたいな
きっとすごい嬉しいんだろうな
最後に会ったのいつだったんだっけな


非表示 19:04

03年30日

1番目の仲間が死んだ。小屋の周りの木の実を採集しているときに、足を滑らせて谷へ落ちたらしい。
僕たちは彼が落ちてしまったあたりを囲んで花を植えた。花は谷底からやってくる微かな風に揺れて、誰かに息を吹かれているみたいだった。僕は何が起こっているのかよく分からなくて、無数の仲間たちが肩を上下させてしゃくりあげるのをただ見ているだけだったけど、何か大変なことが起きたのは嫌でもわかった。冷静沈着なテスでさえ泣いていたのだから。
扇状に囲んだ花の中央に、太陽の光を照り返す鱗が置いてあった。なんの生物のものなのか分からない、大きな鱗だった。気になって兄さんの裾を掴むと、兄さんはぐちゃぐちゃになった顔で笑った。「兄さん、あれはなに?」「ははっ」尋ねると兄さんは吹き出したように笑った。頬には無数の涙の跡がある。「あれはね、鱗だよ。」兄さんは僕の頭に手を置いて答えた。「なんの? どうして置いたの?」僕は考えなしに尋ねてしまった。兄さんは眉根をあげる。「長い長い時間を生きているのさ、こいつは」それきり兄さんは黙って前を向いた。背筋のただされる思いがして、僕も前を向く。花は相変わらず揺れていた。皆の肩も、相変わらず揺れていた。
彼の享年は25才。僕はいつかいなくなってしまう運命なんて忘れてしまいたいし、この葬式のこともあまり頻繁には思い返したくない。けれども一つだけ、書き残しておきたいことがある。あの葬式の最中、ジスだけは、1人にやにやと笑っていたのだ。


非表示 18:54

来年の今頃「去年はいろいろ大変だったよね」って言えますようにと心から願う。
身の回りに大切なものが存在する幸せを改めて知る今日この頃。
この3か月で価値観変わった気がする。当り前じゃないんだよ。


非表示 18:02

アイシャドウの買い物に失敗した者だが、緊急事態宣言を受けて在宅勤務となった。思う存分色塗り実験をしようと思う。黄色系をベースにしたら、紫っぽい茶色も上手く扱えそう。


非表示 08:10

なんか・・・色々大変だよなしんどいよなあマジでほんと・・・人間は・・・というのが感想で地球にいるのは奇跡なのか偶然なのかわからないがまあ人間つらいよな・・・でもその被害者意識が人間の傲慢さと愚かさだよなみたいなことを思う。アフリカサバンナの動物たちはコロナ騒動見て何を思うのだろう。「ああなんかよくわかんねえけど最近人間バタバタしてんな、なんだろうなあ俺たちよくわかんねえけど人間も大変だなあ」みたいな感じなのかな??そもそもサバンナの動物たちはテレビなんか見ないけど・・・地球上には様々な細菌やウイルスがいるけど彼らはどんなことを思っているのだろう。そんなことを考えた。地球は人間だけのものでもないので細菌やウイルスにとっては何を人間ワーワー騒いでるんだテレビで好き勝手に勝手に俺たちで遊ぶなみたいなことなのかもしれないのだ。だけども細菌とウイルスってまた違うらしい。難しいのでわからないけど違うみたい(すみません)最近人間は殺菌とか抗菌とかしすぎだと思うのです。綺麗になるのはいいことだけど一緒に生きていく道はないものかなと模索中ですが同じ地球上にいる以上共存というか当たり前の隣人として仲間として一緒に生きていくことが本来ならば普通のことだとも思います。地球って自然ってごちゃごちゃしてていいものだと思います。人間は綺麗にし過ぎたのかもしれないなあとも思います。未来の人間はやはりAIみたいになってしまうのかな。人間らしさって何でしょうか。人間らしい人、最近減ってきた気がします。なんかみんなロボットみたいで。いいことなのかわからないですけど進化なのだと思います。個人的には野心的な逞しさは忘れないでいたいと思います。優しさ胸に頑張ります。


非表示 07:19

「昨日は歴史、明日は謎、今日は神からの贈り物」。なかなか良い格言です。過去は切望や郷愁が詰まった、ぼんやりとしていて境界線がはっきしない領域です。しかし、そこへの道は封鎖され、あれらの日々はもはや過ぎ去りし日々です。幸い、私たちがもう過去には戻れないのと同じように、過去が私たちのところに戻ってこられると思うべき理由は何ひとつありません! 過去の間違いを繰り返すことがあなたに運命づけられているわけではないのですから、どうか自信をもって新しい道を進んでいってください。今回、あなたには幸せと成功の両方をつかむ資格があります。


非表示 05:53

色々大変なときこそ「平常心」とか「普通」「いつもと同じ」が大事になってくるよね。
いつもと違うからいつもと同じなんて無理なんだけど、どこかに意識して「いつもの」スタンスを取り入れることが必要だなという意味合い。
けして、楽観視しているわけじゃない。そこに恐怖や不安はついてまわってるし、日常を取り入れてるけど日常を強行しようとしているのとは違うんだけとね。
それがなかなか伝わなかったり批判的な目線を投げかけられる。それが非日常を過ごす中で一番ツラいことかもしれない。
いつも朝はパンとコーヒーで、今日もそれを味わってる。パンは家から近くの店で調達したものなのがいつもと違うかな。コーヒーも今のんでるのがなくなったら近所で買ったコーヒー豆になる。
日常に非日常をいれるとは、こんな感じのこと。


非表示 01:35

頭の中がとっ散らかってしまって眠れず。12時前にはお布団入ってたのになあ。取り敢えずNisshiと手持ちのノートにいろいろ書き残して、眠れそうなら寝ようかな。無理なら寝っ転がってるだけでもいいや。

2020.04.07Tue
非表示 23:36

遠距離恋愛
前に会ったのが2月の頭。
2月後半は自粛
3月は2回とも自粛
4月も自粛
次に会えるのはいつになるのだろう。
2月に会った時に、想いを伝えていて良かったな。
直接でないと、気持ちを伝えられないから。
お互いの気持ちを伏せたままこの難局を越えるのは、私には難しすぎたと思う。
早く安心して会えるような世の中になってほしい。

ページ上部に戻る